スポンサーサイト[スポンサー広告]

-----/-- -- --:-- comment:- trackback:-

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

高橋真琴・夢とロマン展[イベント]

2010-02/16 Tue 02:31 comment:0 trackback:0

京都まで行ってきました。
証拠写真の京都タワー(笑)
P1260825.jpg

駅ビルの7階美術館「えき」(←そのまんまやないかい)にて開催中の、高橋真琴の夢とロマン展♪
サイン会のあった7日にはどうしても行けなかった。ああ、残念。

小さい頃、この方のイラストがついてる文房具などにお世話になったな~。
色んなグッズが出てたので、自分か何を持っていたのかも覚えていないけど、確か筆箱と下敷きは間違いなく持ってたなぁ。
ノートなんて、多分数え切れないくらい使ったと思う。
その頃は、高橋さんの他にも少女画というか、外国を意識したお姫さまっぽいイラストの小物が多かった。
なんにも手元に残っていないのが悔やまれる。

さて、思い出話より展示会の様子はと言うと、とても見応えがあった!!
展示数がすごく多くて、めちゃくちゃ堪能できた。
やはり原画の美しさは、印刷では出ないもんですね。
どの絵も非常に細かく丁寧に描かれていて、美しかった。

夢の世界が描かれているとずっと思っていたけど(もちろんそうなんだけど)解説を読むとおとぎ話の衣装や時代背景もちゃんと調べられて、その上でご自分が描きやすいようにアレンジしているんだとか。
物語だからそれでいいんだって。なるほどなぁ。
だけど、眠り姫の話なんかは姫が眠ってしまってから王子様が来るまで100年ぐらい経ってるので、姫と王子では違う時代の衣装にしてるんだとか!す、すごい~。
子供の頃は「外国のお姫様」はみんな同じロココ調のドレスだと思ってた(^^;)
普段使いのスケッチブックや、道具なども展示されていて、花のスケッチなど多方面からみた絵をいくつも描かれてた。
女の子のイラストも好きだけど、高橋さんの動物や花が生き生きしていて惹きつけられるのは、こんな生きた観察があるからなんでしょうね~。

図録はまず買い!限定発売だし、絶対買い!!
P1270777.jpg

それから本当は画集が欲しかったのだけど、6300円といいお値段だったので手持ちも心細く泣く泣くあきらめ、こちらの本をお持ち帰り。
P1270781.jpg
当分は寝る前にこの2冊を眺めてニマニマしながら就寝です。

会場内撮影禁止なのと、本の内容画像はUP禁止なので今回は画像少なくてすみません。
もっとたっぷり見たい!という方は、21日までなのでぜひお出かけ下さい。お勧めですよ~!!

◆拍手、いつもありがとうございます!!
 うちのブログはあんまりお出かけ記事がないので、たまこういうのが
 書けるとうれしいです。

◆ランキングに参加しています。応援ありがとうございます!
 製作の励みになりますので、よろしければバナーをポチっとお願いします♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 人形・ぬいぐるみへ

関連記事
  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。